Kobe INK物語 『須磨のかぜいろWADAブルー

IMG_2907.JPG

ダイハツのオープンスポーツカーコペンのチーフデザイナー和田神戸須磨生まれ
幼少期の和田にとって、とっても都会だった神戸三宮

そのセンター街に「ナガサワ文具センター」がある

高級な感じのウインドウディスプレー
和田少年は、憧れの眼差しでそれを見ていた

 

そんなナガサワ文具センター商品企画室室長竹内さん

竹内さんは、ダイハツコペンの工場見学に来られた
そのコペンの工場は、ダイハツとしては初となる取組み、コペンのデザイナーがデザインした。世界が憧れる高級車マクラーレンの工場にも負けない工場を創ろうとデザインした
そんな工場を見学された竹内さんは「これは何かあるな」と感じられた
コペンのものづくりスピリッツを直感で感じ取って頂けた
その様子はこちらのブログに書かれている

 

そのご縁から生れたインク
コペンの外板色リキッドシルバーをイメージして竹内さんが開発

 

【デザイナー和田がこの色に込めた想い】

須磨で生まれ育った少年が、大人になってオープンスポーツカーデザインするをかなえました。

快晴須磨海岸沿い、国道2号線、大好きなボディーカラーオープンドライブ

その爽やかさ心地よさを『WADAブルー』としてインクに表現しました。